ポール・マッカートニー / 2014年7月 シカゴ・ユナイッテッド・センター公演!

EVSD-724_6
    商品番号:EVSD-724_6

    PAUL McCARTNEY / “LIVE IN CHICAGO”: OUT THER U.S.A. Tour (3CD)

    DATE :20140709
    PLACE:United Center, Chicago, IL, USA
    LABEL :Empress Valley Supreme Disc
    CODE:EVSD-724_6
    SOURCE :Audience
    TYPE:3CD
    RELEASE :20141220
    3CD (プレス盤)
    PAUL McCARTNEY / “LIVE IN CHICAGO”
    在庫状態 : 廃盤
    発送日目安:取扱不可
    ¥7,900(税込)

      
    ◆収録内容=2014年7/9 シカゴ・ユナイッテッド・センター公演

    ◆音源=オリジナル・オーディエンス・ソース

    エンプレスヴァレイ×ザヴェル・ジャパンが送る、ポール・マッカートニーの2014年USAツアー音源第1弾!
    幻に終わってしまった2014年来日公演。 振り上げた拳、否、マイクを向ける先を探し続けた「エンプレスヴァレイ×ザヴェル・ジャパン」ですが、ポールの復活USAツアーにその照準を向ける事に相成りました。

    米国遠征ツアー音源第一弾として登場するのは、7/9シカゴ・ユナイテッド・センター公演。 NBAのシカゴ・ブルズ、NHLのシカゴ・ブラックホークスの本拠地として知られるこの大会場での公演を、「エンプレスヴァレイ×ザヴェル・ジャパン」ならではの、エクセレントなオーディエンス録音にて完全収録! 装丁はエンプレスヴァレイ・レーベルの専売特許であるおなじみ美麗コーティング紙ジャケ仕様、プレス3CD(帯付き)でのリリースとなります。
    ライブ終了直後より流通しているネット音源でもご確認いただけるように、御大ポール、幻の日本ツアー以来見事に復調したようで、MCなども含めて非常に生き生きとしたパフォーマンスを見せてくれています。セットリストは前年の来日公演と同様のもので、(来日公演を基準に考えるならば)これといったサプライズは有りませんでしたが、米国ツアーでは初披露となるセットリストなので、オーディエンスの反応も上々です。 このシカゴ公演の全貌を伝えてくれるのが本アイテム。 あのオープニング・フィルムのDJミックスから終演の紙吹雪まで、熱い一夜を最高の音質で捉えきっています!

    さて、肝心のサウンドに関して。さすがにエンプレスヴァレイ×ザヴェル・ジャパンのオリジナル・マスターは一味も二味も違います!  ステージのごく付近にて収録された超高品質マスターに24bitデジタル・リマスタリングを施しており、ネット上に溢れかえっている「う?ん。なんだかなぁ、、、」という感想を禁じえない微妙な音源とは別次元の素晴らしい仕上がりになっております! レンジの広いエクセレントな超高音質サウンドは悶絶必至!! 圧倒的な迫力のリアル・ライブ・サウンドをお楽しみ下さい!!!

     

    PAUL McCARTNEY / “LIVE IN CHICAGO”: OUT THER U.S.A. Tour (3CD)
    ◆Recorded Live At United Center, Chicago, IL, USA 9th July 2014

    (Disc 1)
    01. Opening
    02. Eight Days a Week
    03. Save Us
    04. All My Loving
    05. Listen to What the Man Said
    06. Let Me Roll It : Foxey Lady
    07. Paperback Writer
    08. My Valentine
    09. Nineteen Hundred and Eighty-Five
    10. The Long and Winding Road
    11. Maybe I’m Amazed
    12. I’ve Just Seen a Face /
    13. We Can Work It Out
    14. Another Day
    15. And I Love Her
    16. Blackbird
    17. Here Today

    (Disc 2)
    01. New
    02. Queenie Eye
    03. Lady Madonna
    04. All Together Now
    05. Lovely Rita
    06. Everybody Out There
    07. Eleanor Rigby
    08. Being for the Benefit of Mr. Kite!
    09. Something
    10. Ob-La-Di, Ob-La-Da
    11. Band on the Run
    12. Back in the U.S.S.R.
    13. Let It Be
    14. Live and Let Die /
    15. Hey Jude

    (Disc 3)
    Encore 1:
    01. Day Tripper

    02. Hi, Hi, Hi
    03. Get Back
    Encore 2: 04. Yesterday
    05. Helter Skelter
    06. Golden Slumbers : Carry That Weight : The End
    07. Closing

    ◇Personnel;
    Paul McCartney (Vocals, Bass, Piano, Guitar, Ukulele)
    Paul “Wix” Wickens (Keyboards, Wind Synthesizer, Accordion, Guitar, Backing Vocals)
    Abe Laboriel, Jr. (Drums, Percussion, Backing Vocals)
    Rusty Anderson (Guitar, Backing Vocals)
    Brian Ray (Bass, Guitar, Percussion, Backing Vocals)

    ログインしてレビューを書く事ができます。

    ログインする

    お客様のレビューをお待ちしています。