イアン・カーズ・ニュークリアス / 72+80年 ロンドン3公演ライヴ!

NRR-CD21265
NRR-CD21265
NRR-CD21265
NRR-CD21265
  • 新着商品
商品番号:NRR-CD21265

IAN CARR'S NUCLEUS FEATURING ALLAN HOLDSWORTH / LIVE IN 1972, 1980 (2CDR)

DATE :19720627
19721119
19800317
LABEL:NECROMANCER
PLACE:Westfield College, London, UK
Bull's Head Club, Barnes, South West London, UK
Jazz In Britain, BBC Studio, London, UK
SOURCE :Audience
Soundboard
TYPE:2CDR
CODE:NRR-CD21265
RELEASE :20210323
2CDR
IAN CARR'S NUCLEUS FEATURING ALLAN HOLDSWORTH / LIVE IN 1972, 1980
在庫状態 : 取り寄せ
発送日目安:4~6日後
¥2,100(税込)
数量pcs

 
極一部でのみ流通していたコレクターによるコレクターのためのハンドメイド・レーベルの貴重タイトル群を、正式に譲り受けた正規のマスターから再発するネクロマンサー・シリーズに、ジャズ系最高峰のコレクターズ・レーベル、ヘッドレスホークが登場。リイシュー用エンブレム、新装裏ジャケットにてレア・タイトルがお求めやすい価格にて再登場です。

IAN CARR’S NUCLEUS
FEATURING ALLAN HOLDSWORTH /
LIVE IN 1972, 1980 (2CDR)
NRR-CD21265

DISC 1
Recorded Live at Westfield College, London, UK, June 27, 1972
Audience recording *** 70 min
Ian Carr – trumpet, flugelhorn
Allan Holdsworth – guitar
Brian Smith – saxophone, flute, clarinet
Dave MacRea – electric piano
Roger Sutton – bass
Clive Thacker – drums

1. BELLADONNA
2. OASIS
3. MAYDAY
4. SUMMER RAIN
5. SONG OFR THE BEARDED LADY – fade out
6. TORRID ZONE

DISC 2
Recorded Live at Bull’s Head Club, Barnes, South West London, UK, November 19, 1972
VG-Soundboard Recording ** 22 min
Ian Carr – trumpet, flugelhorn
Allan Holdsworth – guitar
Brian Smith – saxophone, flute, clarinet
Dave MacRea – electric piano
Roy Babbington – bass
Clive Thacker – drums
Trevor Tomkins – percussion

1. BELLADONNA
2. MAYDAY
3. SUSPENSION

Recorded Live at Jazz In Britain, BBC Studio, London, UK, March 17, 1980
EX-Soundboard Recording ** 26 min
Ian Carr – trumpet, flugelhorn
Allan Holdsworth – guitar
Brian Smith – saxophone, flute, clarinet
Guy Barker – trumpet, flugelhorn
Geoff Castle – keyboards
Tim Whitehead – saxophone, flute, clarinet
Derek Wadsworth – trombone
Chucho Merchan – bass
Nic France – drums
Chris Fletcher – percussion

4. CONVERSATIONS WITH THE BLUES Part 1
5. CONVERSATIONS WITH THE BLUES Part 2
6. SIDEWALK

ブリティッシュ・ジャズ・ロックでソフト・マシーンと並び重要なバンド、イアン・カー率いるニュークリアスのライヴ・コンピレーションです。特集されているのはアラン・ホールズワース在籍と言う点。そもそもニュークリアスとソフト・マシーンはメンバーが似通っていて、アラン・ホールズワースも例に漏れず両方のバンドに在籍歴があります。70年代ジャズ・ロック界ではホールズワースは引っ張りだこで、あちこちで起用されていますが、ここでもかなりフィーチャーされ長いソロ・パートも随所に。1972年6月の音源はオーディエンス録音、11月はサウンドボードながらヒスノイズが強め、1980年は高音質サウンドボードとなります。1980年の音源を除くと初心者向けではありませんが、そもそも初心者向けのバンドではありません。

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。