レッド・ツェッペリン / 75年1月18日 ブルーミントン公演 新発掘音源!

WISCD 2021-007
WISCD 2021-007
WISCD 2021-007
WISCD 2021-007
WISCD 2021-007
WISCD 2021-007
WISCD 2021-007
WISCD 2021-007
WISCD 2021-007
WISCD 2021-007
  • 新着商品
  • お勧め商品
商品番号:WISCD 2021-007

LED ZEPPELIN / FIRST SHOW FROM NOTRH AMERICAN TOUR 1975 (2CD)

DATE :19750118
LABEL:WISTERIA RECORDS
PLACE:Met Center, Bloomington, MN
SOURCE :Audience
TYPE:2CD(プレス盤)
CODE:WISCD 2021-007
RELEASE :20210514
2CD(プレス盤)
LED ZEPPELIN / FIRST SHOW FROM NOTRH AMERICAN TOUR 1975
在庫状態 : 取り寄せ
発送日目安:4~6日後
¥2,980(税込)
数量pcs

 
安価ながら丁寧な仕事で徐々にファンの信頼をつかみ始めた新鋭レーベル、ウィステリア・レコーズより話題のレッド・ツェッペリン新音源登場です。

LED ZEPPELIN /
FIRST SHOW FROM NOTRH AMERICAN TOUR 1975
(2CD)
WISTERIA RECORDS / WISCD 2021-007
Recorded Live at Met Center, Bloomington, MN, January 18, 1975
Digitally Remastered in 2021 // 2021 NEW APPEARED MASTER // FIRST EXPERIENCE OF THIS SHOW !!

Robert Plant – vocal, harmonica
Jimmy Page – guitar
John Paul Jones – bass, keyboards
John Bonham – drums

DISC 1
1. Intro
2. ROCK AND ROLL
3. SICK AGAIN
4. OVER THE HILLS AND FAR AWAY
5. WHEN THE LEVEE BREAKS
6. THE SONG REMAINS THE SAME
7. THE RAIN SONG
8. KASHMIR

DISC 2
1. THE WANTON SONG
2. NO QUARTER
3. TRAMPLED UNDERFOOT
4. MOBY DICK
5. STAIRWAY TO HEAVEN

近年新音源の発掘が目覚ましく進んでいるレッド・ツェッペリン。今回は1975年の“ノース・アメリカン・ツアー”の初日、1月18日のブルーミントン公演が登場です。
『天国への階段』後のアンコール・セットが収録されていないのが玉に瑕ですが、なんとこの日の音源は初登場!アンコールを除く本編がほぼ完ぺきな状態で初めて日の目を見たというわけです。このツアーはジミー・ペイジがイギリスを出国する前に電車のドアに薬指を挟んで怪我をしてしまった為、限られた指でプレイをしたと言われています。よって1月中は長尺ギター・ソロがメインとなる『デイズ・アンド・コンフューズド』がセットリストから外れています。しかし、その代わりに『When the Levee Breaks』と『The Wanton Song』が演奏されている点が超貴重。全コンサートを通してもめったに演奏されていないレア・トラックです。マスターは曲間にファンによる編集がされており、やや違和感を感じましたが、丁寧に繋ぎ直してあり興醒めすることなく自然に楽しめるように改善されています。音質は良好オーディエンスですがやや反響音で曇りがちだったため、リマスタリングによりペイジのギターとボンゾのスネアが一層際立つ編集がされています。
初回限定版はナンバリング入りの帯付となります。

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。