ボブ・ディラン w/ マイク・ブルームフィールド / 音楽ドキュメンタリー

WISCD 2021-008
WISCD 2021-008
WISCD 2021-008
WISCD 2021-008
WISCD 2021-008
WISCD 2021-008
WISCD 2021-008
WISCD 2021-008
WISCD 2021-008
WISCD 2021-008
  • 新着商品
商品番号:WISCD 2021-008

BOB DYLAN / MICHAEL BLOOMFIELD / SOUND DOCUMENTARY : LIKE A ROLLING STONE (2CD)

DATE :1965-1980
LABEL:WISTERIA RECORDS
PLACE:New York City, NY and more
SOURCE :Unreleased Studio Sessions, Alternate Take and Rare Live
TYPE:2CD(プレス盤)
CODE:WISCD 2021-008
RELEASE :20210730
2CD(プレス盤)
BOB DYLAN / MICHAEL BLOOMFIELD / SOUND DOCUMENTARY
在庫状態 : 取り寄せ
発送日目安:4~6日後
¥2,980(税込)
数量pcs

 
* BOB DYLAN FEATURING
MICHAEL BLOOMFIELD /
SOUND DOCUMENTARY :
LIKE A ROLLING STONE (2CD)

WISTERIA RECORDS / WISCD 2021-008
Digitally Remastered in 2021 //
Unreleased Studio Sessions, Alternate Take and Rare Live Souces

DISC 1 ————————————————————
Recorded Session at Studio, New York City, NY, June 15, 1965
Bob Dylan – vocal, harmonica, piano, guitar
Michael Bloomfield – guitar
Al Gorgoni – guitar
Al Kooper – organ
Paul Griffin – piano
Joseph Macho Jr. – bass
Bobby Gregg – drums
Bruce Langhorne – tambourine
1-3. LIKE A ROLLING STONE Alternate Version
4-9. LIKE A ROLLING STONE Remaked Version
10. LIKE A ROLLING STONE Rough Mix
11. PHANTOM ENGINEER
12. SITTING ON A BARBED WIRE FENCE Alternate Version

Recorded Session at Studio, New York City, NY, June 30, 1965
Bob Dylan – vocal, guitar, harmonica
Michael Bloomfield – guitar
Al Kooper – organ
Paul Griffin – piano
Harvey Brooks – bass
Bobby Gregg – drums
13. FROM A BUICK 6 Alternate Version

Recorded Live at Newport Folk Festival, Newport, RI, July 25, 1965
Bob Dylan – vocal, guitar
Michael Bloomfield – guitar
Al Kooper – piano
Barry Goldberg – organ
Jerome Arnold – bass
Sam Lay – drums
14. MAGGIE’S FARM
15. LIKE A ROLLING STONE
16. PHANTOM ENGINEER

Recorded Live at Fox Warfield Theater, San Francisco, CA, November 15, 1980
Bob Dylan – vocal, guitar
Michael Bloomfield – guitar
Fred Tackett – guitar
Willie Smith – keyboards
Tim Drummond – bass
Jim Keltner – drums
Clydie King – backing vocal
Carolyn Dennis – backing vocal
Regina McCrary – backing vocal
17. GROOM’S STILL WAITING AT THE ALTAR
18. Bob Dylan introduces Michael Bloomfield
19. LIKE A ROLLING STONE

DISC 2 ————————————————————
“HIGHWAY 61 REVISITED” Rough Mix
1. LIKE A ROLLING STONE
2. TOMBSTONE BLUES
3. IT TAKES A LOT TO LAUGH, IT TAKES A TRAIN TO CRY
4. FROM A BUICK 6
5. BALLAD OF A THINMAN
6. QUEEN JANE APPROXIMATELY
7. HIGHWAY 61 REVISITED
8. JUST LIKE TOM THUMB’S BLUES
9. DESOLATION LOW

かつて“シーモア・レコーズ”からリリースされていた人気タイトルが、ウィステリア・レコーズより装いも新たに再編され登場です。
これはコレクターズ・アイテムとしては珍しいコンセプトを持ったコンピレーション・アルバムで、ロック史上に燦然と輝く名曲『ライク・ア・ローリングストーン』に主に焦点を当てながら、ボブ・ディランとマイク・ブルームフィールドが歩んだ道のりを追想できる音楽ドキュメンタリーです。
まずは曲が出来上がるまでのセッションで、最初三拍子だったオルタネイト・ヴァージョンから最終形態のラフ・ミックスに仕上がっていく過程が辿れます。 続いてライヴ・トラックではディランとブルームフィールドによる初のライヴ演奏、そして最後のライヴ演奏が収録されています。当曲初披露となったニューポート・フォーク・フェスティヴァルでは当時フォークの神様として君臨していたディランが、バタフィールド・ブルース・バンドをバックに、激しいエレクトリック・ロックを演奏した事で賛否の渦を巻き起こした歴史的瞬間が、オフィシャルDVDよりも迫力のある音質で収録。 そしてディラン+ブルームフィールドという当曲オリジナル・タッグの再会かつ最後となる演奏がサウンドボード・レヴェルの音質で収録されています。『ライク・ア・ローリングストーン』以外にもディランのバックでブルームフィールドのギターが炸裂するトラックがちりばめられており、ブルームフィールド・ファンにも満足していただけるはず。なぜなら“シーモア・レコーズ”でリリースされていたアイテムは、ディランではなくマイク・ブルームフィールド名義のアイテムだったのです。
今回再編にあたりシーモア版と変わった点は、『ライク・ア・ローリングストーン』のオルタネイト・ヴァージョンが1曲追加され、トラックの並びが見直された点。そしてシーモア版では初回限定のボーナスCDRだった、『ライク・ア・ローリングストーン』収録の金字塔アルバム“追憶のハイウェイ61”のラフ・ミックスがディスク2としてプレスされたため、ディスク1に収録されていた『トゥームストーン・ブルース』のラフ・ミックスが削除された点です。もちろん全トラックごとにリマスターされ音質もアップ・グレード。ディスク1を聴いた後にディスク2を聴くと、“追憶のハイウェイ61”もまた違って聴こえるはず。
全てオフィシャルとは別の音源が使われており、粗削りであったりノイズの混じる箇所もありますが、これこそコレクターズ・アイテムの真骨頂。ミュージシャンの生身に迫るリアル・ドキュメンタリーです。

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。