マイルス・デイヴィス / 1991年7月10日 パリ公演 SBD+bonus DVDR!

VDD 2022-013
VDD 2022-013
VDD 2022-013
VDD 2022-013
VDD 2022-013
VDD 2022-013
VDD 2022-013
VDD 2022-013
VDD 2022-013
VDD 2022-013
VDD 2022-013
VDD 2022-013
  • 新着商品
商品番号:VDD 2022-013

MILES DAVIS / THE LAST SUPPER / LIVE AT LA VILLETTE 1991 (2CD + LTD.1DVDR)

DATE :19910710
LABEL:VOODOO DOWN Records
PLACE:La Grande Halle de la Villette, Paris, France
SOURCE :Soundboard
TYPE:2CD(プレス盤)+LTD.1DVDR
CODE:VDD 2022-013
RELEASE :20220217
2CD(プレス盤)+LTD.1DVDR
MILES DAVIS / THE LAST SUPPER / LIVE AT LA VILLETTE 1991
在庫状態 : 取り寄せ
発送日目安:4~6日後
¥3,300(税込)
数量pcs

 
* MILES DAVIS / THE LAST SUPPER /
LIVE AT LA VILLETTE 1991 (2CD + LTD.1DVDR)

2022 VOODOO DOWN Records 013 (VDD 2022-013)
Supervised by SO WHAT! Label.
Recorded Live at La Grande Halle de la Villette, Paris, France, July 10, 1991
Soundboard Recording // Original Remastered by VDD 2022.

Miles Davis – trumpet, keyboards
Bill Evans – soprano saxophone
Kenny Garrett, Jackie McLean – alto saxophone
Wayne Shorter, Steve Grossman – tenor saxophone
Chick Corea – electric piano
Joe Zawinul, Deron Johnson, Herbie Hancock – keyboards
John McLaughlin, John Scofield – electric guitar
Joe “Foley” McCreary – lead-bass
Dave Holland – double bass
Darryl Jones, Richard Patterson – electric bass
Al Foster, Ricky Wellman – drums

DISC 1
1. PERFECT WAY
2. NEW BLUES (STAR PEOPLE)
3. HUMAN NATURE
4. ALL BLUES
5. IN A SILENT WAY
6. IT’S ABOUT THAT TIME
7. KATIA

DISC 2
1. Intro by Miles Davis
2. DIG
3. WATERMELON MAN
4. PENETRATION
5. WRINKLE
6. FOOTPRINTS
7. JEAN PIERRE

 
マイルス・デイヴィスの愛好家から絶大の信頼を受け、数々の名盤を生み出した伝説のレーベル“ソー・ホワット”。その“ソー・ホワット”レーベルの完全監修を受け、2020年末に発足したのが“ヴードゥーダウン・レコーズ(以後VDD)”です。初めて“SO WHAT!”のレーベル名を記載することを許可されたことからも信頼の厚さがうかがえます。丁寧なマスタリング、編集、こだわりの帯付アートワーク、美麗なピクチャー・ディスクのプレス盤。新鋭レーベルながら早くもマイルス・コレクター必携アイテムとして注目を集めています。

今回登場するのはマイルス最晩年1991年のライヴ音源。ジャズ界の帝王マイルス・デイヴィスが逝ったのは1991年9月28日のこと。ここに収められているのはその約二ケ月前のライヴ。自身の最期を知ってか知らずか行われたこのライヴは、マイルスのジャズ史を総括する最高のものでした。飽くなき追求から幾多の変貌を遂げてきたマイルスの、様々な時代を支えた錚々たる猛者たちが一堂に会し、それぞれの時代を回想するかのように共演が実現したのです。参加メンバーとセット・リストを見ただけでディープなファンのむせび泣きが聞こえてくる様。なんと古くはジャッキー・マクリーンから最晩年を支えたデロン・ジョンソンやリチャード・パターソンまで、そしてショーターにハンコック、グロスマンにザヴィヌルにチックにデイヴ・ホランド、ジョンマクにジョンスコまで、そしてエレクトリック・マイルスの長き右腕アル・フォスター等々。『ALL BLUES』やら『IN A SILENT WAY』やら『IT’S ABOUT THAT TIME』やら『FOOTPRINTS』やら、どさくさでハンコックの『WATERMELON MAN』までやって『JEAN PIERRE』で大団円。まさに“最後の晩餐”。表ジャケの内側には誰がどの曲で参加しているのか詳細が記されているのでぜひ参照しながら鑑賞してください。音質は万全のサウンドボード収録ですが、後半マスター起因によりややノイズが被る個所もあります。

初回限定でボーナスDVDRが付きます。内容は同ライヴの一部を収録したプロショット映像。オフィシャルで出ているものとは、アングルや編集の違うバージョンです。メニュー画面はありませんが、曲ごとチャプターは切られています。

 
Bonus DVDR
16:9 // PRO-Shot // 49 min
1. HUMAN NATURE
2. ALL BLUES
3. IN A SILENT WAY
4. IT’S ABOUT THAT TIME
5. WATERMELON MAN
6. JEAN PIERRE

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。